護身グッズのTOPに戻る

防刃ベストの種類

防刃ベストを着用する機会はそうそうないかと思いますが、十分すぎるくらいの護身グッズが欲しい方にはまだ足りないと感じるほどかもしれません。
しかし、防刃ベストをいざ購入したくても一体どこで手に入れたら良いのか、またどんな種類があるのか一般市民にはさっぱりわかりません。
そこでいくつか調べてみてお勧めがありました。
一般に市販されている護身グッズとしての防刃ベストの多くは、25J相当と記載されています。ではこの25J相当とはどういったことなのでしょうか。
まず、仮にNIJの試験をパスしていれば、その商品には必ずNIJ-STD-0115.00レベル機△筏載されているはずです。
しかし、現状は殆どの防刃ベストには記載されていません。それはなぜなのでしょうか。
理由は簡単です。なぜならばNIJの防刃レベル気魯僖垢垢觧が大変難しいからです。実際問題、試験を難しくしてもらわないと消費者側としては安心できませんよね。
NIJの規格による防刃試験は、片刃のナイフと両刃のナイフとアイスピックの 、3種類の鋭利な刃物を使用して試験を行います。
この3つの試験を見事に通過した物のみが、25J対応のレベル気箸靴撞載可能となります。しかしながらこの試験というのが本当に難しいとのことなのです。
Lior社が提供するKAという商品は、さらにこの上を行くそうです。防弾Aと防刃レベル兇鯤擦算っている最強レベルの防刃ベストです。
25枚重ねたソフトパネルの厚みを、8mmまで薄く仕上げた画期的な商品です。
着用する側としては、いかに軽くて防刃のレベルが上か、といった条件が必須なので、この商品は良いかと思います。

関連コンテンツ

防刃ベストで身を守る

防刃ベストが護身グッズとして販売されているのには驚きました。警察が着用する防弾チョッキの刃物版です。 日常一般市民が「何者かに刃物で襲われそうだから、念のため防刃ベストでも付けておこうか」といったこ・・・


「防刃ベストの種類」のトップへ↑
「護身グッズ」のトップへ↑